【京都府舞鶴市】舞鶴赤れんがパークの指定管理者募集

指定管理者募集情報指定管理者公募情報

この記事では、京都府舞鶴市の舞鶴赤れんがパークを2020年(令和2年)4月から2年間運営する指定管理者募集について紹介しています。

現在は、一般社団法人京都府北部地域連携都市圏振興社が平成27年4月から5年間指定管理者として運営されています。

あんく
あんく

舞鶴市が設定する成果目標は、来場者数90万人以上、観光消費額1億7,000万円、平均稼働率50%。
今回2年間とした理由が定かではありませんが、応募説明会で何らかの説明はあるのでしょう。

舞鶴赤れんがパークの指定管理者募集要項(概略)

スポンサーリンク

自治体(京都府舞鶴市)募集ホームページ

舞鶴赤れんがパーク指定管理者募集のお知らせ | 舞鶴市 公式ホームページ

本リリースの公式ページ

設置目的

赤れんがパークは、国の重要文化財であり、舞鶴の歴史的資産でもある赤れんが倉庫群を次代へ伝えていくため保存・活用し、市民の憩いの場の創出と観光交流人口の増大による地域経済の活性化を目的に設置。

業務内容

  • 施設の利用の承認に関する業務
  • 施設の維持管理に関する業務
  • その他施設等の管理運営上市長が必要と認める業務

施設概要

赤れんが2号棟(舞鶴市政記念館)

  • ホール
  • 特別会議室
  • 展示コーナー
  • 音響調整室

赤れんが3号棟(まいづる智恵蔵)

  • 赤れんが倉庫復元展示
  • 企画展示室
  • 収蔵庫

赤れんが4号棟(赤れんが工房)

  • 工房エリア
  • フリースペース 1~4
  • スタジオ 1~3
  • 工房 1~4
  • 機械室

赤れんが5号棟(赤れんがイベントホール)

  • 大型多目的ホール
  • トイレ
  • 倉庫
  • 倉庫

申請資格(特別な資格要件)

  • 一般的な資格要件で広く募集されています。

公募情報

指定管理期間

令和2年(2020年)4月1日から令和4年(2022年)3月31日まで(2年間)

募集要項配布期間

令和元年(2019年)9月12日(木)から令和元年(2019年)10月21日(月)

応募説明会・現地説明会

令和元年(2019年)9月20日(金)午前11時から

※施設見学を希望する場合は、舞鶴市産業振興部観光まちづくり室観光振興課に連絡して日程等を調整。

質問期間

令和元年(2019年)年9月12日(木)から令和元年(2019年)9月27日(金)まで

申請書提出期間

令和元年(2019年)9月12日(木)から令和元年(2019)10月21日(金)まで

提出先

舞鶴市産業振興部観光まちづくり室観光振興課
〒625-8555
京都府舞鶴市字北吸1044番地
TEL:0773-66-1024
FAX:0773-62-9891

指定管理者の収入源

  • 指定管理料
  • 利用料収入
  • 自主事業収入

指定管理料の上限

記載なし

舞鶴赤れんがパークの参考サイト

舞鶴赤れんがパーク
舞鶴市の歴史的建造物である12棟の赤れんが倉庫群。現存する日本のれんが建造物のなかでも貴重な近代化遺産の建造物群といえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました