【山形県酒田市】2022年4月OPEN!(仮称)酒田市コミュニケーションポート及び八幡分館・松山分館・ひらた図書センターの指定管理者募集

指定管理者募集情報指定管理者公募情報

この記事では、山形県酒田市の2020年4月にオープンを予定している「(仮称)酒田市コミュニケーションポート及び八幡分館・松山分館・ひらた図書センター」を2022年(令和4年)4月から5年間運営する指定管理者募集について紹介しています。

あんく
あんく

坂田コミュニケーションポートは、2022年4月にグランドオープンを予定している酒田駅前再開発により整備される複合施設。
一部施設は2020年10月に先行オープンするので、指定管理期間以前は業務委託により運営することとなります。

(仮称)酒田市コミュニケーションポート及び八幡分館・松山分館・ひらた図書センター

スポンサーリンク

自治体(山形県酒田市)募集ホームページ

(仮称)酒田市コミュニケーションポート及び八幡分館・松山分館・ひらた図書センターの指定管理者を募集します:酒田市公式ウェブサイト

本リリースの公式ページ

管理運営方針

  • 公の施設であることを念頭に、利用については平等かつ公平な取扱いをすること。
  • 利用者のニーズに応じた効果的かつ効率的な管理運営を行うこと。
  • 施設の設置の目的に即した管理運営を行うこと。
  • 酒田市地域産業支援基本方針(平成28年4月1日告示第202号)に基づき、市内からの雇用や市内企業の活用に最大限の配慮を行うこと。
  • 施設の管理運営を行う上で関係する法令等を遵守すること。

施設概要

コミュニケーションポート

ライブラリーセンター・3階建て
・研修室2部屋、カフェエリアを含む。
・蔵書収容数30万冊(開架15万冊、閉架15万冊)
・観光情報センター内にコインロッカー有
観光情報センター
駐車場・駐車台数262台・5層6段の立体駐車場・倉庫46㎡有
広場

八幡分館

  • 閲覧席10
  • 蔵書数21,167冊(平成30年3月31日現在)

松山分館

  • 閲覧席6
  • インターネット席1
  • 蔵書数4,958冊(平成30年3月31日現在)

ひらた図書センター

  • 閲覧席44
  • 視聴覚席(AVブース)3
  • 学習席24
  • 蔵書数57,041冊(平成30年3月31日現在)

業務内容

  • 業務の詳細は、原則として基本計画、実施計画及び別添仕様書のとおりとしますが、基本計画等に示す基本理念の実現に向けて、効果的・効率的な運営手法のあり方について積極的に提案してください。
  • 提案事業の実施(今回の指定管理料には、新館の魅力ある運営を図るため、特別枠でイベント企画事業費として2,000千円(初年度は3,000千円)を計上していますので、その企画提案も求めます。)
  • 自主事業の実施
  • 建物・調達備品に対するアドバイス業務
  • 再開発ビルの維持管理
  • 分館等の引継等
  • その他

申請資格(特別な資格要件)

  • 一般的な資格要件で広く公募されています。

公募情報

指定管理期間

令和2年(2022年)4月1日から令和9年(2027)3月31日まで(5年間)

募集要項配布期間

平成31年(2019)4月24日(水)から

応募説明会

令和元年(2019)5月13日(月)午前10時30分から

※5/8(水)午後5時までに申し込み

質問期間

令和元年(2019)5月13日(月)から令和元年(2019)年5月24日(金)

申請書提出期間

平成31年(2019)4月24日(水)から令和元年(2019)7月22日(月)まで

提出先

酒田市教育委員会
(酒田市企画部都市デザイン課コミュニケーションポート開設準備室内)
〒998-8540
茨城県酒田市本町二丁目2番45号 酒田市役所5階
TEL:0234-43-8707
FAX:0234-26-6482

指定管理者の収入源

  • 指定管理料
  • 自主事業収入

※使用料金制

指定管理料の上限

12億2,080万円(5年間総額)

管理経費に関する特記事項

  • 今回の指定管理期間において、光熱水費は市の負担とします。このため、指定管理料には光熱水費を含みません。
  • 図書システム、ホームページ、デジタルサイネージ等の情報システム機器関連費用(開発費、機器費用、管理経費に係る経費等)は、市で負担しますので、提案額に含めないでください。
  • 日本図書館協会負担金及び山形県図書館協会負担金は、市で負担しますので、提案額に含めないでください。
  • 八幡分館、松山分館及びひらた図書センターの施設設備に関する維持管理経費(警備、設備保守、清掃、光熱水費等)は、他の公共施設との複合施設となっているため、それらの経費は、市で負担しますので、提案額に含めないでください。
  • 図書購入費は、毎年度精算。

(仮称)酒田市コミュニケーションポート及び八幡分館・松山分館・ひらた図書センターの参考サイト

酒田駅周辺整備:酒田市公式ウェブサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました