【東京都荒川区】荒川老人福祉センター及び荒川区立荒川東部在宅高齢者通所サービスセンターの指定管理者募集

指定管理者募集情報東京都の指定管理者募集

この記事では、東京都荒川区の「荒川老人福祉センター及び荒川区立荒川東部在宅高齢者通所サービスセンター」を2020年(令和2年)4月から5年間運営する指定管理者募集について紹介しています。

現在は、社会福祉法人荒川区社会福祉協議会が平成31年4月から1年間指定管理者として運営されています。

あんく
あんく

現指定管理者は、今後、障がい者施設の指定管理や地域連携強化等により地域福祉の更なる向上を図っていくことから、本公募においては、辞退する意向を示しているようです。

荒川老人福祉センター及び荒川区立荒川東部在宅高齢者通所サービスセンターの指定管理者募集要項(概略)

スポンサーリンク

自治体(東京都荒川区)募集ホームページ

ページが見つかりません 荒川区公式ホームページ

本リリースの公式ページ

設置目的

老人福祉センター
高齢者の生活、就労、健康等の相談に応じるとともに、介護予防及び機能回復訓練その他健康の保持増進に係るサービスの提供、施設及び附属設備の維持管理並びにその他区が必要と認める業務等を実施すること。

荒川東部サービスセンター
介護保険法(平成9年法律第123号)の規定による通所介護に係るサービスの提供、施設及び附属設備の維持管理並びにその他区が必要と認める業務等を実施すること。

施設概要

老人福祉センター地下1階から1階、3階から4階
サービスセンター地下1階から2階
共用部分地下1階から1階

業務内容

老人福祉センターの管理運営業務

  • 介護予防事業
  • 機能回復訓練事業
  • 文化教養教室、レクリエーション事業
  • 定例事業
  • 健康相談事業
  • 生活相談事業
  • 入浴事業及びその他の健康保持、増進事業
  • ひろば館・ふれあい館実施事業
  • いこい室事業
  • 各種行事の実施
  • 本施設の会議室使用受付等に関する業務
  • 高年者クラブに対する援助業務
  • 提案事業

荒川東部サービスセンターの管理運営業務

  • 通所介護
  • 介護予防・日常生活支援総合事業
  • 家族又は介護者に対する指導・相談
  • 利用料金の収受及び減免に関する業務
  • 区の委託事業(「食・動クラブ」の実施 、介護保険外事業(家族介護者教室の開催、地域交流事業の実施及び災害対策用品の取得・管理等)
  • 提案事業

申請資格(特別な資格要件)

  • 平成31年4月1日現在において、東京都内又は都近郊での老人福祉法に定める老人福祉施設の運営実績を5年以上有し、二次審査において、視察可能な施設を有している団体であること。

公募情報

指定管理期間

令和2年(2020年)4月1日から令和7年(2025年)3月31日まで(5年間)

募集要項配布期間

平成31(2019)年4月16日(火)から令和元(2019)年5月13日(月)

応募説明会

平成31(2019)年4月25日(木)午後2時から

※4/24(水)午後3時までに申し込み

現地見学会

令和元(2019)年5月9日(木)午後12時30分から

※5/7(火)午後3時までに申し込み

質問期間

第1回

  • 平成31年(2019)4月16日(火)から令和元年(2019)年5月7日(火)

第2回

  • 令和元年(2019)5月13日(月)から令和元年(2019)年5月14日(火)

第一次提出書類提出期間

平成31年(2019)4月16日(火)から令和元年(2019)5月13日(月)まで

第二次提出書類提出期間

平成31年(2019)4月16日(火)から令和元年(2019)5月20日(月)まで

提出先

荒川区福祉部福祉推進課高齢者施設係
〒116-8501
東京都荒川区荒川二丁目2番3号 荒川区役所本庁舎2階(6番窓口)
TEL:03-3802-3111
FAX:03-3802-0202

指定管理者の収入源

  • 指定管理料
  • 利用料収入
  • 自主事業収入

指定管理料の上限

年間7,416万6,082円

支出に関する特記事項

  • 区から提示する額(1,105,531 円(税込))を計上すること。

荒川老人福祉センター及び荒川区立荒川東部在宅高齢者通所サービスセンターの参考サイト

荒川区立荒川東部在宅高齢者通所サービスセンター|荒川区社会福祉協議会
荒川東部サービスセンターは、利用者の方・家族の方がどのような通所介護サービスを希望しているかを明確にし、それに基づいた各種のサービス事業を提供します。また、認知症高齢者を対象に介護サービス(食事・入浴・排泄ケア等)も提供し、介護者の負担軽減を図ります。各種の活動を通して潤いと快適さのある在宅介護を支援します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました