【京都府庁】令和元年末に完成!京都府立京都スタジアムの指定管理者募集

指定管理者募集情報 指定管理者公募情報

この記事では、京都府庁が募集している「京都府立京都スタジアム」を2019年(令和元年)12月から運営する指定管理者について紹介しています。

あんく
あんく

2019年12月28日に完成予定のスタジアム。
にぎわい創出エリアでは、2020年1月から2021年1月までNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の展示も予定されていたり、eスポーツやVR(仮想現実)、AR(拡張現実)技術を使ったスポーツ環境や観戦などの提案も求められています。

京都府立京都スタジアムの指定管理者募集要項(概略)

スポンサーリンク

自治体(京都府庁)募集ホームページ

京都府立京都スタジアムの指定管理者の募集について

設置目的

スポーツ及び文化の振興を図るとともに、地域のにぎわいの創出に資するため。

運営方針

  • 京都サンガのホームグラウンドとして、円滑な試合の開催と、観客のホスピタリティの向上を図ること。
  • 府内唯一の専用球技場として、様々なスポーツ大会が開催できるようにすること。
  • 府内最大級の収容数を有する施設として、様々なイベントが開催できるようにすること。
  • 亀岡駅前に立地する施設として、亀岡市と連携し周辺地域のにぎわいの創出に努めること。

施設概要

  • フィールド 126m(南北)×84m(東西)
  • 観客席 約21,600席
  • 事務室
  • 倉庫
  • 諸室
  • にぎわい創出エリア等
  • スポーツクライミング施設(リード、スピード、ボルダリング、キッズウォール)
  • 駐車場
  • 駐輪場
  • 足湯施設

業務内容

  • スタジアムの施設及び設備の維持管理に関する業務
  • スタジアムの使用の承認に関する業務
  • スタジアムの設置の目的を達成するために必要な業務

申請資格(特別な資格要件)

  • 京都府内に事業所(事務所等を含む。)を有する法人等

公募情報

指定管理期間

令和元年(2019年)12月28日から令和12年(2025年)3月31日まで(10年3ヶ月間)

募集要項配布期間

平成31(2019)年4月1日(月)から令和元(2019)年5月15日(水)

応募説明会

現地説明会は行われないが、現地の見学は可能
※希望する場合は申し出

質問期間

平成31(2019)年4月1日(月)から平成31(2019)年4月19日(金)

申請書提出期間

平成31年(2019)4月1日(月)から令和元年(2019)5月15日(水)まで

提出先

京都府文化スポーツ部スポーツ施設整備課(京都府庁2号館1F)
〒602-8570
京都府京都市上京区下立売通新町西入
TEL:075-414-4257
FAX:075-414-4285

指定管理者の収入源

  • 指定管理料
  • 利用料収入
  • 自主事業収入

指定管理料の上限

(目安額)

  • 2019年度(令和元年):3,000万円
  • 2020年度(令和2年):7,000万円
  • 2021年度(令和3年):7,000万円
  • 2022年度(令和4年):7,000万円

黒字の場合の納付額

黒字額割合
200万円以下の部分5%
200万円超400万円以下の部分10%
400万円超600万円以下の部分20%
600万円超800万円以下の部分30%
800万円超1,000万円以下の部分40%
1,000万円超の部分50%

(利益1,000万円の場合の算定方法例)

200万円×5%+200万円×10%+200万円×20%+200万円×30%+200万円×40%=210万円

京都府立京都スタジアムの参考サイト

京都スタジアム整備について

コメント

タイトルとURLをコピーしました