(仮称)敦賀市知育・啓発施設の指定管理者は丸善雄松堂・編集工学研究所共同企業体(2022.4~2027.3)

指定管理者一覧

この記事では、福井県敦賀市の指定管理者導入施設「(仮称)敦賀市知育・啓発施設の指定管理者選定結果」について紹介しています。

スポンサーリンク

(仮称)敦賀市知育・啓発施設

指定管理者

【新規】

丸善雄松堂・編集工学研究所共同企業体
代表団体:丸善雄松堂株式会社
構成団体:株式会社編集工学研究所

あんく
あんく

敦賀駅前にできる交流施設。
10,000冊以上の本などの書籍を自由に読んだり、そのまま買ったりできる新しい公共スペースの今後に期待です。

指定管理期間

2022年4月1日~2027年3月31日(5年間)※原則

選定結果詳細

敦賀市知育・啓発施設の指定管理者候補者を選定しました(設計業務を含む) 敦賀市-Tsuruga City-
敦賀市知育・啓発施設の指定管理者候補者を選定しました

選定方法

公募

応募者

5団体

  1. 丸善雄松堂・編集工学研究所共同企業体
  2. B団体
  3. C団体
  4. D団体
  5. 辞退

採点表

項目丸善雄松堂・編集工学研究所共同企業体
価格審査9989981,000998
内容審査6,4986,4905,2354,073
総合審査7,4967,4886,2355,071

選定理由

実施体制

  • 自社の中で建築部門を持ち、完結することができる提案であった。
    指定管理業務としての経験もある。
  • 選定事業者は、構成員である㈱編集工学研究所も含めて、かなりの思い入れを感じた。グループとしての支援体制は選定事業者が評価できる。

設計業務関係

  • レイアウトは、オーソドックスであるため、変わる可能性は低い。

管理運営業務関係

  • 図書館とのアライアンスという面で、イベントやワークショップについて、図書館と連携が取れており評価できる(読み聞かせなど)
  • ネットワークをたくさん持っていて、できることがたくさんあると思うが、地域の一般住民が親しみやすいかという面においては、グループBの方が評価できる。
  • ターゲットとなっている子どもを育てる学習の場と考えると、選定事業者は完璧である分、きちっと学びたい方とか高齢の男性方とかに世代的にマッチングしていると思う。しかし、大きな目的として、敦賀市で育っていく若い世代に本と親しみやすい場所を提供するという意味で、女性目線、子育て目線で見たときには少し、選定事業者はできることは多いがハードルも高いため、ターゲットとする子育て世代の母親、小さい子ども、小中高校生が親しみやすく、足が運びやすい場所かと言われると、疑問が残る。

担当部局

敦賀市都市整備部新幹線整備課

所在地

〒914-0055 福井県敦賀市鉄輪町1丁目

参考サイト

新幹線整備課 敦賀市-Tsuruga City-

コメント

タイトルとURLをコピーしました