【東京都港区】港区立伝統文化交流館の指定管理者募集

指定管理者募集情報東京都の指定管理者募集

この記事では、東京都港区が募集している、2020年4月に開設予定の港区指定有形文化財旧協働会館を利活用した「港区立伝統文化交流館」を2020年4月から運営する指定管理者について紹介しています。

あんく
あんく

東京2020オリンピック・パラリンピックを見据えた観光振興のために、芝浦花柳界の面影を伝える建築として大変貴重な旧協働会館を改修して活用する伝統文化交流館の指定管理者。

301 Moved Permanently

港区立伝統文化交流館の指定管理者募集要項(概略)

スポンサーリンク

設置目的

歴史的建造物としての趣を生かし、伝統文化を通じた区民の相互交流を促進することにより、地域の活性化に寄与するため。

施設概要

  • 本棟
  • 増築棟(管理棟)

業務内容

  • 伝統文化の継承に資する活動に関すること。
  • 交流の間の公開に関すること。
  • 区民の相互交流の機会及び場の提供に関すること。
  • 伝統文化の継承に資する資料の収集及び展示並びに情報の収集、提供及び発信に関すること。
  • 館の施設の利用に関すること。
  • 前各号に掲げるもののほか、区長が必要と認める事業
  • 提案事業
  • 施設の維持管理業務
  • 安全・安心に関する業務

申請資格(特別な資格要件)

  1. 伝統文化及び地域の交流促進に関する知識や経験を有するとともに、港区の文化芸術振興や地域の特性をよく理解し、積極的に協力する法人その他の団体で、利用者に迅速できめ細かな、効率的かつ質の高いサービスを提供できる体制が確保されていること。
  2. 本店、支店、事業所等のいずれかが、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県内のいずれかにある法人又はその他の団体であること。

公募情報

指定管理期間

2020年4月1日から2025年3月31日まで(5年間)

募集要項配布期間

2019年3月20日(水)から

応募説明会

2019年4月9日(火)午前10時から
※4/8までに申し込み

質問期間

2019年4月9日(火)から2019年4月19日(金)

申請書提出期間

2019年5月9日(木)から2019年5月17日(金)まで

計画書類提出期間

2019年5月9日(木)から2019年5月31日(金)まで

提出先

芝浦港南地区総合支所 管理課 管理係
〒108-0023
東京都港区芝浦一丁目16番1号 みなとパーク芝浦1階
電話:03-6400-0011

指定管理者の収入源

  • 指定管理料
  • 自主事業収入

※使用料金制

指定管理料の上限

記載なし

港区立伝統文化交流館の参考サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました