山形県総合文化芸術館(文化機能)の指定管理者は、みんぐるやまがた(2019.12~2025.3)

指定管理者一覧

この記事では、山形県県庁の指定管理者導入施設「山形県総合文化芸術館(文化機能)の指定管理者選定結果」について紹介しています。

スポンサーリンク

山形県総合文化芸術館(文化機能)

指定管理者

【新規】
みんぐるやまがた
代表団体:公益財団法人山形県生涯学習文化財団
構成団体:公益社団法人山形交響楽協会
構成団体:サントリーパブリシティサービス株式会社

あんく
あんく

公共性の高い地元団体と、文化施設の運営を得意としているサントリー系の会社によるJVが、どのように個性を出しつつサービス品質を上げていくのか楽しみな施設です。

指定管理期間

2019年12月1日~2025年3月31日(5年4ヶ月間)

選定結果詳細

ページが見つかりません — 山形県ホームページ

採点表

 

総合評価点配点みんぐるやまがたB
Ⅰ基本事項基本事項について、満たしていなければ「失格」適格適格
Ⅱ施設の平等利用の確保8点5.3点6.2点
Ⅲ1管理経費における経済性10点41.0点41.8点
Ⅲ2施設の活性化に配慮した貸館運営10点
Ⅲ3企画事業及び自主事業の企画・実施20点
Ⅲ4山形魅力発信モールとの連携5点
Ⅲ5地域、他県類似施設との連携7点
Ⅲ6施設の維持管理の内容の妥当性10点
Ⅳ1安定的な運営が可能となる人的能力12点20.5点19.7点
Ⅳ2安定的な運営が可能となる経営的基盤10点
Ⅳ3安定的な運営が可能となる業務実績8点
合計100点66.8点67.6点

選定方法

公募

応募者

2団体

  1. みんぐるやまがた
  2. B団体(公表なし)

指定管理料

公表なし

選定理由

選定基準Ⅰについて
・2団体とも各審査項目の基準を満たしていた。

○選定基準Ⅱについて
・施設の平等利用の確保について、Bがやや高い評価を得た。

選定基準Ⅲについて
・管理経費における経済性について、地域経済への貢献の点で、Bがやや高い評価を得た。
・企画事業及び自主事業の企画・実施について、Aがやや高い評価を得た。

選定基準Ⅳについて
・安定的な運営が可能となる人的能力について、舞台関係業務を直営で実施する点で、Bがやや高い評価を得た。
・安定的な運営が可能となる経営的基盤について、財務状況が健全なAが高い評価を得た。

審査委員7名中、4名が合計点でAを上位に、3名がBを上位に評価した。

担当部局

山形県観光文化スポーツ部県民文化スポーツ課山形県総合文化芸術館整備推進室

所在地

〒990-0828 山形県山形市双葉町1丁目2

施設概要

  • 大ホール
  • 親子鑑賞室(2室)
  • オーケストラ迫り楽屋:10室(小楽屋4、中楽屋3、大楽屋3)
  • スタジオ2室(音楽用、演劇・舞踊用)
  • 練習室4室
  • 会議室3室
  • 山形魅力発信モール(県産品ショップ、産直レストラン・カフェ、県産酒・県産軽食エリア)

参考サイト

ページが見つかりません — 山形県ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました