【福島県桑折町】桑折町半田山自然公園の指定管理者募集

指定管理者募集情報指定管理者公募情報

この記事では、福島県桑折町(こおりまち)が募集している2019年4月から2024年3月までの、「桑折町半田山自然公園を運営する指定管理者」について紹介しています。

現在は、福島県北森林組合が指定管理者として運営されています。

あんく
あんく

キャンプ場は4月から11月のみの営業だよ。

指定管理者の募集について|桑折町公式ホームページ
町では、次の公の施設の指定管理者を募集します。 1 桑折町民研修センター「うぶかの郷」(指定期間:平成31年4月1日から平成34年3月31日まで)2 桑折町半田山自然公園(指定期間:平成31年4月1日から平成36年3月31日まで) ●募集要項等に関する質問は、所定の質問票によりファックス又はEメールでお寄せください。●...

桑折町半田山自然公園の指定管理者募集要項(概略)

スポンサーリンク

設置目的

森林資源の活用を通じて自然保護思想の高揚を図るとともに、地域住民の健康増進と福祉の向上に資することを目的とする施設。

施設概要

  • 林間歩道 5,843m
  • 林間駐車場7ヶ所
  • 修景施設4ヶ所
  • 遊具施設1ヶ所
  • 球技施設2ヶ所
  • サイクリングロード 981.1m
  • 休憩施設4棟
  • キャンプ場1ヶ所
  • 林間広場7ヶ所
  • 施設ベンチ一式
  • 水飲み場9ヶ所
  • 案内板一式
  • 案内標識一式
  • 遊歩道 2,607m

業務内容

施設の管理運営に対する基本的な考え方

  1. 施設の設置目的に基づき、その趣旨を生かす管理運営を行うこと。
  2. 町民や施設利用者の意見・要望等を管理運営に反映させること。
  3. 関係各所や団体等と緊密な連携を図った運営を行うこと。
  4. 適切な広報を行うなど、施設の利用促進を積極的に図ること。
  5. 当該施設は、公の施設であることを常に念頭に置き、公平な運営を行い、特定の団体等に有利又は不利になる取り扱いをしないこと。
  6. 効率的な管理を行い、管理経費の削減に努めること。
  7.  個人情報の適切な管理を行うこと。
  8.  省エネルギー、ごみの削減、再利用、再資源化など、環境に配慮した運営を行うこと。

施設の運営に関する業務

施設及び設備の維持管理等に関する業務

申請資格

一般的な資格要件で広く公募されています。

公募情報

指定管理期間

2019年4月1日から2024年3月31日まで(5年間)

募集要項配布期間

2019年2月5日(火)から2019年2月19日(火)

現地説明会

施設見学会については、申し出により随時実施。

※希望する場合は、桑折町総合政策課政策推進係(電話:024-582-2115)まで連絡。

質問期間

2019年2月5日(火)から2019年2月13日(水)

申請書提出期間

2019年2月15日(金)から2019年2月19日(火)まで

提出先

桑折町総合政策課 政策推進係
〒969-1692
福島県伊達郡桑折町字東大隅18番地
電話:024-582-2115
FAX:024-582-2479

指定管理者の収入源

  • 指定管理料
  • 利用料金収入
  • 自主事業収入

指定管理料の上限

1,000万円(年間)

桑折町半田山自然公園の参考サイト

半田山自然公園|桑折町公式ホームページ
 半田山(標高863メートル)と半田沼。 すばらしい自然景観をさらに生かしていこうと計画されたのがこの「半田自然公園」です。 お花見、サイクリング、キャンプ、紅葉狩り…などなど。いろんな形で大自然とふれあうことができる多目的公園。誰と来ても楽しめちゃう!みんなの憩いの場です。
半田山自然公園の誕生|桑折町公式ホームページ
平安時代初期に銀山が発見され、石見、但馬の生野と並んで半田山の銀山は、日本三大銀山の一つと称されていました。この半田山の地すべり崩壊は、明治24年頃から少しずつ活動を始め、明治34年~明治36年が最も激しく、山の東側半分に大規模な陥没地すべりが発生し、現在の姿となりました。それまで丸みのあった穏やかな山は、一変して荒々...

コメント

タイトルとURLをコピーしました