東京都人権プラザの指定管理者は(公財)東京都人権啓発センター

指定管理者一覧

こんにちは、スポーツ系指定管理者ブロガーのあんく(@shitekan)です。

この記事では、東京都庁の指定管理者導入施設「東京都人権プラザ」について紹介しています。

スポンサーリンク

東京都人権プラザ

東京都は、人権や人権問題に関する啓発及び情報を収集・提供するとともに、人権問題に関する相談を受ける機能を備えた施設として、「東京都人権プラザ」を設置しています。

東京都人権プラザについて

指定管理者

公益財団法人 東京都人権啓発センター

公益財団法人 東京都人権啓発センター
人権問題の啓発・教育、冊子発行、講師派遣、イベント、ラジオ番組等で人権の理解を促す活動を推進。

指定管理期間

2018年4月1日~2028年3月31日(10年間)

選定結果

東京都人権プラザの指定管理者候補者を決定
総務局が所管する東京都人権プラザの指定管理者候補者を、決定しましたので、お知らせします。今後、平成29年第四回東京都議会定例会に指定の議案を提出し、議決が得られた後、指定管理者の指定を行います。

選定方法

非公募(特命指定)

担当部局

総務局人権部

所在地

〒105‐0014 港区芝2‐5‐6 芝256スクエアビル1・2階

施設概要

1階 展示室、セミナールーム
2階 図書資料室、相談室

参考サイト

東京都人権プラザ
人権問題の啓発・教育、講座、図書館、ビデオ貸出、展示、人権相談等で人権の理解を促す活動を推進。
東京都総務局人権部 じんけんのとびら | 専門家会議について
東京都総務局人権部のホームページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました