東京体育館の指定管理者は東京都スポーツ文化事業団グループ

指定管理者一覧

こんにちは、スポーツ系指定管理者ブロガーのあんく(@shitekan)です。

この記事では、東京都庁の指定管理者導入施設「東京体育館」について紹介しています。

スポンサーリンク

東京体育館

2020年1月31日まで、東京2020大会に向けて改修工事のため現在休館中です。

指定管理者

公益財団法人 東京都スポーツ文化事業団グループ

【代表団体】
公益財団法人 東京都スポーツ文化事業団

公益財団法人 東京都スポーツ文化事業団
一人ひとりのライフステージに合わせた多彩な施設。充実した施設とサービスの提供によって、多様な活動をきめ細かく、しっかりとサポートします。

【構成団体】

株式会社ティップネス

【ティップネス】フィットネスクラブ・スポーツクラブをはじめるなら
フィットネスクラブ「ティップネス」「ティップネス丸の内スタイル」「ティップ・クロスTOKYO」「ティップネス・キッズ」を運営する株式会社ティップネスの公式ホームページです。企業理念や各ブランドの情報、各店舗の所在地などをご案内しています。

株式会社オーエンス

株式会社オーエンス|ビル管理、設備工事、環境衛生管理、PPP事業で都市の生活を支えます。
ビル管理、設備工事、環境衛生管理、PPP事業での公共施設管理など皆様の暮らしを支える企業です。

指定管理期間

2016年4月1日~2023年3月31日(7年間)

選定結果

東京都体育施設等の指定管理者候補者を決定|東京都
オリンピック・パラリンピック準備局が所管する体育施設等の指定管理者候補者を、下記のとおり決定しましたので、お知らせします。

選定方法

非公募(特命指定)

担当部局

オリンピック・パラリンピック準備局

所在地

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目17−1

施設概要

メインアリーナ
サブアリーナ
屋内プール
トレーニングルーム
スタジオ
陸上競技場
多目的コート

参考サイト

東京体育館
東京体育館は、大規模な競技大会に対応できる国内でも中枢的な存在で、メインアリーナは最大で1万人の観客が入場できます。これまでも、卓球、レスリング、バレーボール、フィギュアスケートなどの世界選手権大会をはじめ、数多くの国際大会や全国大会が開催され、トップアスリートたちの熱戦を間近で見る貴重な体験ができる数少ない施設です。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました