市の施設だからといって、何でも許されるわけではないですよ。

何でも許されるわけではない BLOG

指定管理者だからといって、自治体にも利用者にも屈してはいけないですよね。
何が言いたいかというと、駐車場のトイレのドアが閉まらないといって壊されたので、指定管理者が被害届を出したら容疑を認めたっていうニュースのこと。
しかも壊したのは市の男性給食調理員。

酒に酔って徳島市営駐車場のトイレのドアを壊したとして、市教委は21日、50歳代の男性給食調理員を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。調理員は病気休職中だった。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181122-OYT1T50030.html

指定管理者は黙っていてはいけません!
カスタマーハラスメントという言葉も出てきましたが、利用者の悪質なクレームや器物破損は即刻警察へ相談すべきです。
もう、こういうニュースがどんどん出して、市の施設だからといって、わがままが何でも許されるわけではないことを自覚して欲しいですね。
ほんと、こういうお客様に直面するとメンタルやられるし、時間もとられるし指定管理者も大変なんですよ。

スポンサーリンク
BLOG
スポンサーリンク
シテカン

コメント

タイトルとURLをコピーしました